男女

アガリクスの効能は如何に|病気を弾く体に改善

腸内の細菌のバランス

お腹

善玉菌と悪玉菌と日和見菌

腸内には、ビフィズス菌やウェルシュ菌を始めとした、様々な細菌が住み着いています。まるで色とりどりの花々が咲いているような状態なので、腸内のこの環境は、腸内フローラと呼ばれています。腸内の細菌は、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3種類に大別されます。いずれも体に必要な存在ですし、1種類が増えすぎることも減りすぎることも、腸内フローラや健康にとって問題となります。具体的には、便秘や下痢、生活習慣病や大腸がんなどのリスクが高くなるのです。そのため多くの人が、腸内フローラを整えるためにサプリメントを利用しています。たとえば乳酸菌のサプリメントを飲むと善玉菌が増えやすくなりますし、枯草菌のサプリメントを飲むと悪玉菌が増えにくくなります。これらを利用することで、腸内フローラはバランスの良い状態になっていき、それにより健康状態が保たれやすくなるのです。

それぞれの細菌の働き

善玉菌は、食べ物を栄養分として吸収させるための分解をおこなう細菌、悪玉菌は食べ物のうち老廃物となる肉類などを分解する細菌です。そして日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のそれぞれの働きをサポートしています。これらのうち悪玉菌は、腸内の老廃物を増やすことから、腸に悪影響を与える細菌とされています。しかし肉類の分解によって出てくるたんぱく質やアミノ酸は、体にとって必要不可欠な栄養分です。そのため悪玉菌も、健康的な腸内フローラには欠かせない存在なのです。具体的には、善玉菌2に対して悪玉菌が1、日和見菌が7という状態が、健康的な腸内フローラとされています。また、体内の免疫細胞の半分以上が腸内にあるので、腸内フローラを整えることは、免疫力のアップにもつながります。そのことからも、上記のサプリメントには高い需要があるのです。